沖縄移住生活 - Okinawa Life Information featuring 沖縄離島ドットコム


沖縄ライフブログ

旅行ブログ - 離島や本土も含めた旅行記

【2018年07月:八重山エリアへの旅行】

【波照間島2018】ぱいじま2・初乗船!良いところあまりなし?



今さらですが、波照間島への新造船「ぱいじま2」に乗って来ました。でもホントは乗りたくて乗ったわけでは無いんですけどね。だってこの「ぱいじま2」って、通常の小型船の1.5倍も島まで時間がかかるって話。正直なところ、フェリーとそんなに時間が変わらないのに、料金はフェリーの倍ですから、できれば乗りたくありませんでした。

しかし今回の滞在は、フェリーで往復するほど時間に余裕がなかったので、致し方なしで乗って来ました!

ぱいじま2は始発便と終便に就航!乗船場所に注意!!
遠近法もあるけどこの大きさの差
始発便と終便以外は従来の小型艇
「ぱいじま2」が就航している便は、波照間島への始発便と最終便。早い話が最も混雑する便に就航している感じです。この2便で日帰りするなら、ある程度時間がかかっても気にならない人が多いですからね。また始発便と終便ではない、昼前の2つの便は従来通りの小型船。まぁこの便は途中で西表島の大原港に寄るものもあるので、小型船の方がいろいろ都合が良いんでしょうね。

ちなみに「ぱいじま2」の石垣島での乗り場は船が大きいので、通常の離島ターミナル目の前ではなく、少し離れた場所なので要注意。ドリーム乗り場(とぅもーるネットセンター側)のさらに先って感じです。従来の小型船の乗り場とは違いますので注意しましょう。また波照間島でも通常の浮き桟橋ではなく、フェリーが停泊するふ頭に発着することもあるので、どちらにしても乗船場所はチケット購入時に確認しておきましょう!

ぱいじま2の船内の様子!かなり揺れます!!
ぱいじま2の船内
小型艇の船内
そして船内。上の写真が「ぱいじま2」で、下の写真が従来の小型船です。まぁ言うまでもなく全く違いますね。小型船の時は天井に頭をぶつけそうなぐらい低かったですが、「ぱいじま2」は普通に立って歩ける感じです。まぁ小型船の際はあまりに揺れるので航行中に立つことは、基本的に禁止ですけどね。また座席自体も前後のピッチは新造船の方が広め。座り心地自体は大して変わりません。足元が広くなっただけです。

そして気になる揺れ。「ぱいじま2」はいわゆる船底が2つある双胴船なので、小型船よりも揺れが小さいと言われていますよね。しかし実際はそんなことありませーーーん。

むしろ船のサイズが大きくなったので、揺れ幅(振幅)は大きくなりました。小型船の際は小さな揺れが延々続く「自家用車の揺れ」でしたが、「ぱいじま2」は大きな揺れが延々続く「バスの揺れ」って感じでした。普通の車では酔わないけど、バスだと酔う人は要注意です。

結果「ぱいじま2」では船酔いする人が続出。小型船の時より多かったような気がします。

さらに「ぱいじま2」には、小型船にはあった屋外デッキがないので、逃げ場が一切ありません。もちろん窓もドアも開きません。

なので船内は常に酸っぱい匂いが漂っていて、酔わない人でも気分が悪くなるレベル。まだ外気を吸いに行ける小型船の方が、気分転換もできて、船酔いしやすい人でも楽かもしれませんね。さらに小型船なら1時間で済む航路も、「ぱいじま2」だと1時間40分超もかかりますので、揺れが1.5倍も長く続くことに!?

正直なところ、船酔いしやすい人は「ぱいじま2」はあまりおすすめではない気がします。むしろ小型船の方が我慢すればいい時間が短い分楽ですし、何より屋外デッキがあるので気分転換もできますからね~。

ぱいじま2にはソファ席も!追加料金を払えば2階席も!?
ぱいじま2にはソファコーナーも!
船内には後方にソファコーナーもありました。しかしソファー席は完全に荷物置き場状態。酔ったときにここを使うのは無理だと思います。しかもすぐ隣がトイレなので、酸っぱい匂いが常にするソファ席。この後方部分は逃げ場がない酔った人がいっぱい居ますし、客席とトイレを往復する人が頻繁に通るので、居心地は良いとは言えないソファ席です。
2階の有料席は見にも行けない
波照間で下船時に2階から見た有料席
ちなみに「ぱいじま2」には、有料で座ることができる「2階席」がありますが、基本的に2階席はお金を払った人しか見ることもできません。でも波照間島での下船時に潮が引いているときは2階から乗船下船するので、その際に見ることはできました。

1階席がJALの普通席で、2階席がクラスJって感じでしたね。っていうか、2階席は与那国島への新造船の席と同じ印象でした。また1階なら縦揺れだけで済みますが、2階席だと高さがある分、横揺れも加わると思いますので、揺れはさらにキツそうです。さらにトイレが1階のみだと、その移動もままならない可能性も!?(2階のトイレの有無は未確認)。

「スーパーシート専用特別船室券」でしたっけ?+1000円の2階席のチケット。正直、その価値はない気がしますが・・・むしろ早めに乗船して、波照間航路の定番「後方中央席」をキープした方が、絶対に快適だと思います。船首の席や窓際の席は、座りたくなる気持ちはわかりますが、最も揺れる席。この「後方中央席」は早めに乗船してキープしましょう!

「ぱいじま2」の初乗船、まとめ

そんなこんなで初乗船した「ぱいじま2」。「○」で良かった点、「×」でイマイチだった点をまとめてみました。

×遅い!(小型船=60分:ぱいじま2=100分:フェリー=120分)
×小型船より大きく上下に揺れるので酔いやすい
×屋外に出る場所がなく外気を吸えないので酔いやすい
×船尾とトイレは客席と別部屋だが客席中ですっぱい匂いが充満
×2階席は横揺れも伴うので+1000円の価値はあまりない
○座席数が多いのでほぼ確実に乗れる
○シートベルトをしなくて良い(小型船は着用しないと怪我するw)

結論から言うと・・・

できれば乗りたくない!

船酔いはしない体質?なので、揺れの大きさは気にしませんが、とにかく「遅い」のが気になります。しかも船酔いしやすい人も乗船時間が長くなるのでさらに酔うような気がしますので、船酔いしやすいから「ぱいかじ2」を選ぶのはおすすめできません。小型船で1時間のところを、1時間40分(実際は1時間45分~50分)はかかりすぎ!フェリーだと最速で2時間、通常でも2時間15分と30分しか変わりません。なのに運賃は2倍!(ぱいじま2往復5870円:フェリー往復3080円)

もちろんフェリーだと1日1往復しかありませんし、運航日も「火曜日・木曜日・土曜日」と第2・第4「金曜日」と、日程に自由がありませんが、揺れは比較的優しいと思います。何より座敷席があるので、船で横になることができますからね。もちろん屋外デッキも屋外席もあるので、船酔いしやすい方は片道でもいいのでフェリー利用をお勧めします。

ちなみにフェリーは、行きは石垣島を9時出港し波照間島へは11時着。戻りは波照間島を14時に出港し石垣島には16時着。

島滞在3時間弱になりますが、フェリーで日帰りも実はできます。といっても石垣島でのフェリー乗り場は、離島桟橋の対岸でめっちゃ遠いですし、チケット売り場も貨物ターミナル(ホテルチャイナシー近く)のコンテナ小屋にあるので、わかりにくいですけどね。

とにもかくにも「ぱいじま2」。

船酔いしやすい人には逆におすすめではないという結果になりました。その一番の理由は「時間」。1時間我慢すればいいところを、1時間45分も我慢するのは、船酔いしやすい方にはものすごい辛いことかと思います。おすすめは行きはフェリーで、帰りにこの「ぱいじま2」かな?(午後に小型船の便がないので)。

でも効率よく島巡りすれば、フェリーでも十分日帰りできますよ~!何より運賃が「ぱいじま2」の半額!!

波照間島行きは火木土+第2第4金で計画しましょう!(高速艇で行く場合も抑えでフェリーをキープ)


八重山エリア

旅行エリア



最近の旅行



ページの先頭へ▲