沖縄移住生活 - Okinawa Life Information featuring 沖縄離島ドットコム


沖縄ライフブログ

沖縄そばや琉球料理など沖縄ならではの食
沖縄そばや琉球料理など沖縄ならではの食

沖縄のグルメ情報。といっても沖縄料理よりも沖縄に住んでいる人がよく行く店などを中心に紹介したいと思います。


奄美の食堂「島とうふ屋」の揚げ出し豆腐セット&サービス豆腐





以前から気になっていた、奄美大島の空港と名瀬市街の間にある「島とうふ屋」。最初は豆腐工場があるだけかと思っていましたが、奥に店舗もあって美味しい豆腐料理を頂けるとのこと。今回は名瀬市街からバスで行きました!

といっても近くにバス停はなく、1kmほど離れたバス停から徒歩。でもそのバス停の島とうふ屋とは反対側に、お気に入りのスイーツ店「こっこ家」があるので、ついでに両方とも行った次第です。

お店は午前11時開店で、定休日は特に書いていないので離島でよくありがちな「不定休」かな?国道58号線の入口から少し坂を上った先にお店があり、駐車場も広々しているので車で行っても問題ないでしょう。

店内は昭和的なレトロな感じで、テーブル席の他に座敷席もありました。メニューは定食がメインですが、軽食でも十分お腹がいっぱいになります。その理由は、なんと!食べ放題のサービス豆腐があるから。タレや出汁も何種類もあって、これが無料サービスでいいの~?ってレベルでした。でも島とうふ屋なので、頼むメニューも豆腐料理。サービス豆腐があるなら、豆腐以外の料理も食べたくなりますね。

今回は軽食の「揚げ出し豆腐セット」を頼みましたが、それでも小鉢が何種類もあって、男性でも満足できるレベルでした。もちろん豆腐の味はともていい感じで、もう少し名瀬市街に近ければ何度でも足を運びたくなるお店でした。豆腐好きなら奄美大島へ旅行の際は必ず行くべし!

そして食後は島とうふ屋から1.5km先の「こっこ家」のスイーツを!シュークリームがおすすめです。ちなみにこの2つのお店の間に美味しいパン屋もあり、こっこ家の先にはファミレス「ジョイフル」もあるので、このエリアはまさにグルメ街道。注目です^^v

島とうふ屋の情報
【電話】0997-55-4411
【営業時間】11:00-21:00
【定休日】無休
【メニュー】定食800円~/マーボー丼セット600円/とうふ丼セット500円
【HP】ホームページ

スイーツ「こっこ家」の情報

パン屋「麦の実」の情報






日時: 2017年01月21日10:56|この記事のみを表示

離島の豆腐屋&そば屋さん「とうふの比嘉/比嘉豆腐店」


離島の豆腐屋&そば屋さん「とうふの比嘉/比嘉豆腐店」離島の豆腐屋&そば屋さん「とうふの比嘉/比嘉豆腐店」

一般的な宿飯より朝食時間が早い私なんですが、この石垣島の比嘉豆腐店の午前6時半からの営業にはとても助かっています。

ただ730交差点などから結構離れていますが、朝の散歩がてらに朝食と考えればそれもまたいい距離。まぁ730交差点から2km前後なのでのんびり歩いても片道30分もかかりませんからね。ただお店周辺には他の建物どころか街灯すら無く、道路も未舗装。初めて行かれる方は「ホントにお店があるの?」って思うようなロケーションなので、お店はあると信じて進みましょう!石垣市街からだと市役所前の小道に入るとスムーズにたどり着くことができると思いますよ。

730交差点からのルート

そしてお店。建物が複数有るようですが、お店は向かって左側。オープンテラスになっているのですぐに分かると思います。駐車場のキャパは多いので車で行っても問題ないと思いますが、朝の散歩にはほどよい距離なので歩いて行かれることをお勧めします(中にはタクシーで来ている観光客も居ましたが・・・)。

基本的に屋外のお店ですが屋根はあるので雨でも問題ないと思います。ただ真夏はかなり暑いかもしれませんので、そういう意味でも早朝に行かれるのをお勧めします。まぁ風が通るお店とロケーションなので昼でも暑さはそれほど感じないかもしれませんけどね。

席は長テーブルに何人かで座る感じなので、混雑時は相席になると思います。まぁ長居するお店じゃ無いのでそんなに気にならないと思います。

メニューは豆腐メインなのは当然ですがそれでもいろいろ有ります。

・ゆし豆腐セット 大450円/特大550円/超特大650円/小350円
・ゆし豆腐そば 中450円/大550円
・豆腐ちゃんぷる定食 550円
・とうふ丼 550円
・焼きそば 500円

上記のメインメニューは基本ですが、ここでは1皿100円の付け合わせがおすすめ。種類も多いですし量もそれほど多くないので複数頼むのもありかも?

・野菜炒め
・肉炒め
・卵焼き
・目玉焼き
・イカの塩辛
・あぶら味噌
・アーサ
・いくら

今回はゆし豆腐そば(中)に野菜炒めをつけて注文しました。


離島の豆腐屋&そば屋さん「とうふの比嘉/比嘉豆腐店」ちなみに豆乳は付いてくるようで、朝食にはうれしい限りです。その豆乳も癖が無くあっさり系で豆乳が苦手な方でもいただけると思います(私自身、豆乳が得意じゃ無いけど問題ありませんでした)。

ゆし豆腐そばは、そばの上にゆし豆腐が載っていて、その上にかまぼこが載っている感じでした。肉は無かったかな?

野菜炒めは肉も入っていますが野菜が豊富で100円としてはお得かも?他にも肉炒めもありますので、肉を食べたい方はそちらを付け合わせで注文するといいかも?(確かソーキそばなどの肉系のメインメニューは無かったと思いますので)。

味は朝食にも良い感じのあっさり系で、付け合わせの濃い味の野菜炒めと良いバランス。まさに「朝食」にはお勧めだと思います。なにせ午前6時半からの営業なので、朝食付きじゃない宿の場合はお勧めだと思いますよ。

先の話のように朝の散歩がてらに来れば食事も含めてとても健康的な離島の朝を迎えられると思いますよ。

片道25分~30分を面倒だとは思わないで、寄り道しながら石垣集落を楽しみつつ往復するとそんなに長さも感じないと思います。といっても日航八重山ホテルからだとかなり近いので、運動にならないかもしれませんけどね^^;(徒歩10分)

ちなみにランチ時間も営業していますが夜はやっていないので、朝食か昼食を健康的にとる方におすすめです^^v

【店名】とうふの比嘉/比嘉豆腐店
【電話】0980-82-4806
【営業時間】06:30-15:00
【定休日】日曜
【HP】離島ドットコムの情報


日時: 2014年11月06日07:15|この記事のみを表示

離島の豆腐屋&そば屋さん「春おばぁの店 んきゃどり家」


離島の豆腐屋&そば屋さん「春おばぁの店 んきゃどり家」離島の豆腐屋&そば屋さん「春おばぁの店 んきゃどり家」

宮古島でずっと行きたかったけど、なかなかタイミングが合わずに行けなかったお店。

「春おばぁの店 んきゃどり家」

豆腐がメインのお店ですが、基本的に沖縄そばをはじめとする家庭料理のお店。

正直、沖縄そばはそんなに好きじゃ無いのですが、豆腐は好きなので、今回は「ゆし豆腐そば」なるものをいただこうと思いました。

ちなみにお店の場所は宮古空港から東平安名崎方面へ向かって空港からそんなに離れていない場所。といっても空港から歩いて行けるわけじゃ無い場所なので、行かれる際はレンタカーなどの移動手段が必要となるでしょう。

お店の建物はとてもきれいな赤瓦の琉球家屋で、周辺には何も無いのでかなり目立ちます。

建物は2棟あって、道路側がお店で道路から離れた側は一棟貸しの宿泊施設になっているようです。夜通し行う宴会などの利用を想定しているらしいです(笑)。

お店の中は基本的に土禁。しかも靴を脱ぐスペースが猛烈に狭いので混雑時にはこの玄関で渋滞するのでは?ってぐらいなので脱いだり履きやすい靴をお勧めします。まぁビーサンなら問題ないと思います。

お店は天井が無い骨組みだけの構造なので広々しています。細かい部屋の壁を取っ払ってお店にしている感じで、1つの大きな空間ですがある程度の小分けもできるみたいです。

外観が新しいだけに、中もまだキレイなので居心地は良いと思います。

メニューは先の話のように沖縄そばをはじめとする家庭的なものが多く、もちろん豆腐料理もいくつかあります。

・宮古そば 500円
・ソーキそば 700円
・ゆし豆腐そば 700円
・焼きそば 600円(何故かケチャップ味)
・カレーライス 600円
・生ゆし豆腐 500円
・豆腐ちゃんぷる 600円
・ゴーヤチャンプル 600円

正直、家庭的なカレーライスも捨てがたかったですが初心貫徹。ゆし豆腐そばを注文しました。


離島の豆腐屋&そば屋さん「春おばぁの店 んきゃどり家」料理が来てびっくり。豆腐が載っているのは当然のこととして、一緒に乗っているお肉の大きいこと、大きいこと。豚ステーキが2枚載っている感覚で、これで700円はお得だな~って思いました。

もちろんゆし豆腐も載っていて、単品での沖縄そばがあまり得意では無い私でも、このゆし豆腐とお肉のおかげですんなり食べることができましたね。

味はどっちかというと薄口だったのも幸いしましたね。濃くて油っぽいよくある沖縄そばは苦手なので助かりました。まぁゆし豆腐が水っぽいものなので、それが良い具合で濃さを和らげてくれているのかもしれませんね。

何よりお肉が大きかったので、これ1つでお腹いっぱいになります。

ちなみにドリンクメニューもありますが、あまりカフェをする雰囲気では無いので、ここでは食事メインをお勧めします。

それにしてもオフシーズン(10月)の平日の午前にも関わらず結構賑わっていました。まぁ東平安名崎方面から宮古空港に向かう途中にありますし、周辺にはめぼしい飲食店がほとんど無いので、そういう意味ではついつい寄ってしまうのかもしれませんね。

宮古空港内でも飲食店はありますが、もし宮古島東側からそのまま空港へ向かうならレンタカー返却前にこのお店に寄るのはおすすめだと思います。

その際はゆし豆腐そばがお勧めでーす^^v(カレーも捨てがたいけど)。

【店名】春おばぁの店 食堂んきゃどり家
【電話】090-7737-8398
【営業時間】11:00-16:00
【定休日】木曜
【HP】離島ドットコムの情報


日時: 2014年11月04日15:04|この記事のみを表示

離島の食堂「おぷゆう食堂」




大神島初の民宿&食堂。

大神港のすぐ近くにあり、以前あった大神小中学校の坂を挟んで向かいにある感じです。港に最も近い場所にあるので、外の庭からは港を一望できます。なので帰りの船の待ち時間にここで過ごすのはかなりおすすめです。

ただお店は年中無休とうたっているものの、離島の食堂なのでお休みの時もあると思いますので、宮古島から船に乗る前に食堂がやっているか否かチケット売り場で聞いてみると良いでしょう。

お店は庭のテラス席と店舗内の席がありますが、屋外の席でも屋根があるので雨でも大丈夫。なのでのんびり港やその先の海を望みながら食事できる庭の席がお勧めです。

喧噪がない静かな場所で食事ないしカフェができると思います。



ここのおすすめはなんと言っても島で獲れた?タコを浸かった「カーキダコ丼」でしょう。薄切りにしたタコの身とタマネギをどんぶりいっぱいに敷き詰てタレをかけたもので、そのタレとタコの食感がかなり良い感じです。正直、宮古島北部のタコ料理で有名な某食堂よりもこっちの方が美味しい気がしました。でも大神島へ渡る船がでる島尻とその某食堂はそんなに遠くないので食べ比べてみるのもいいかもしれませんね。

あとカレーが500円なのに対し、このカーキダコ丼が800円と離島価格としてはやや高い感じがしますが、実際はどんぶり以外に汁物あり、もずくあり、サラダありと、どんぶりと言うより完全に「定食」なので、CP(コストパフォーマンス)は悪くないです。

何よりタコの味が抜群なので、おぷゆう食堂へ来たらこのカーキダコ丼は欠かせません。食べないと後悔します(笑)。

ちなみに11時の船で大神島に渡るとまだお米が炊けていない場合もありますので、島に着いたらまずはお米の確認をして、もし時間がかかりそうなら島を一巡りしてから食堂にもどると良いでしょう。どのみち大神島は島を一巡りしても1時間もかかりませんからね。

メニューの一例は以下の通り。

カーキダコ丼 800円
カレーライス 500円
宮古そば 500円
ホットコーヒー 150円
かき氷 300円




ちなみにコーヒーもありますが、もろにインスタントです。っていうかコーヒーを頼むと「インスタントですが良いですか?」って言われます。言わなきゃわからないんですけどね~。

でも150円なら安いですし、何よりこのロケーションでカフェできるのはなかなか良いです。スイーツなどはさすがにないので、クッキーなどを持参するとより快適なカフェを味わえると思います。

まずはカーキダコ丼をいただき、船の時間まで余裕があったらインスタントコーヒー(笑)でカフェして船を待ちましょう。

ちなみに船の出航3分前にお店を出ても十分間に合います。っていうか庭から船は見えますので、乗り遅れることはそうそう無いと思います。

大神島へこの食堂へ来てのんびりするだけでも価値はあると思います。

【店名】おぷゆう食堂
【電話】080-1726-8698
【営業時間】10時ぐらい~17時ぐらい
【定休日】不定休


日時: 2014年05月05日09:41|この記事のみを表示

離島の寿司屋「寿しけん」




沖縄のお寿司は正直なところあまり美味しいとは言えないものが多く、那覇でそのレベルなので離島の寿司屋はあまり期待できないと思っていました。しかも離島なのにお店に「江戸前」と書いたある日にはさらにその味に疑いを持ってしまいますよね。

伊良部島の「寿しけん」。

まさに建物に「江戸前」と書いてあり、正直なところ半信半疑でお店に入りましたが、いい意味で見事に裏切られました。

離島のレベルを超えています。イヤ、那覇の寿司屋よりも美味しいのでは?というぐらいのレベルで驚きました。

2人で夕食がてらに食べに行ったのですが、ビールや泡盛をいろいろ飲んで、「時価」という刺身の盛り合わせと天麩羅の盛り合わせを頼み、最後に寿し盛りを頼んで5000円ちょっと。もちろん2人での値段です。

安すぎ!

正直、会計の際にこの金額をみて「はっ?」って言ってしまったくらい。2人分じゃなく1人分の間違いじゃないの?って。

しかもサービスで刺身の盛り合わせをもらったり、CP(コストパフォーマンス)は回転寿司より良いかもしれません。少なくとも私1人でビールは3~4杯は飲んだのでお酒代だけでこの金額になりそうですからね。

話によるとこのお店はカウンターに座ってお店の人と話をしながら食べるといろいろサービスをしてくれるみたいで、今回の刺身のサービスなんてまさにそれ。まぁタイミングや混雑具合にもよるとおもいますが、今回はトライアスロン後の落ち着いたであろう時期に行ったので良かったのかもしれませんね。

伊良部島の夕食でこの「寿しけん」はかなりおすすめだと思います。



それはさておき料理の話。最初にお通しで冷や奴だったかな?良い感じのものが出てきて、その後に最初に頼んだ刺身の盛り合わせ。もちろん「時価」です(笑)。

でも先の話のように「時価」でも全然高くなかったようですし、何より刺身のレベルが沖縄、しかも離島とは思えない良いものでした。刺身の角が立っています(笑)。沖縄の刺身って身の締まりが悪く、角が立たないものが多いのですが、ここの刺身は本土の刺身と同じレベル。

ネタはマグロ、カツオ、白身(種類はタイ系かな?)、貝類、あとサーモンもあったかな?お酒の肴にはちょうどいいもので、最初に頼んで正解でした。味も言われなければ沖縄の離島のお店とは思えない本土レベル。刺身好きの私でも言うことなしです。

そして次も「時価」の天麩羅盛り合わせ。といっても沖縄のドーナツみたいな衣が分厚いてんぷらではなく、まさに江戸前の薄くてパリパリの衣の天麩羅。

これを頼んだのは沖縄だと本土の天麩羅はほとんど食べることができないので、ついつい頼んでしまいました。味も食感もまさに本土の天麩羅と同じレベルでとても美味しかったです。ちなみに写真は1人前で、2人前頼んでも1人1皿でいただけます。

この2つをいただきながら、お店の人といろいろ話をしていたところ、なんと!刺身の盛り合わせをサービスでいただきました。ネタの種類はやや少なめでしたが、刺身の盛り合わせに入っていなかったネタもありましたしボリュームもサービスレベルを超えて時価で頼んだ物と同じぐらい。

サービスしすぎ(笑)。

せっかくなので最後にお寿司の盛り合わせをいただくことにしました。まぁ寿司屋なのでお寿司を食べないとね。



お寿司はランクがいくつかあったのかもしれませんが、すでにお酒が結構入っていたので松竹梅などのランクがあったのか、何を頼んだのかも覚えていませんが(笑)、出てきたものは12貫の盛り合わせ。

玉子、白身(ハマチ系?)、マグロ、サーモン、イクラ、ネギトロと、寿司には好き嫌いが多い私にはどれもオッケーなネタばかり(ウニと貝類が苦手)。

シャリの寿司酢はそんなに強くないですが、ネタは刺身同様にしっかりしていてそのシャリととても合っていると思いました。何より寿司のボリュームが大きくて、締めに食べるにはちょっと多いかな?とも思いましたが、美味しかったのでぺろりと完食。

やっぱし寿司屋なので寿司はかかせませんが、この「寿しけん」では締めにいいかもしれませんね。最初だとお腹いっぱいになっちゃいますので^^ゞ


とにもかくにも離島の夕食での満足度は120%といっても過言じゃない充実したものをいただけた「寿しけん」。

もともとこのお店は島の宿の人に勧められたものでしたが、やっぱり島の人の情報は的確ですね。しかもお店で食べているときに島に働きに来ている人が夕食がてらに一人で来ている方もいて、それだけCPも味も良いってことですよね。逆に観光客らしき人は皆無でしたが、でもこのお店は是非とも伊良部島に宿泊の際は来てほしいと思います。

ただ近々、伊良部大橋がつながると伊良部島に泊まる人が減ってしまいそうですが、ここは夕食が断然おすすめなので、是非とも橋がつながっても伊良部島に宿泊してこの「寿しけん」のカウンター(←これ重要)で時価の盛り合わせとお寿司を食べてほしいですね。

何よりお店の人が良い感じなので会話を頼みながら食事できると思います。

伊良部島にお越しの際は是非!!!

【店名】寿しけん
【電話】0980-78-3078
【営業時間】不明
【定休日】不明
【HP】離島ドットコムの情報


日時: 2014年05月04日09:37|この記事のみを表示

離島の食堂「宮古食堂」復活!




宮古病院の近くにあった宮古食堂は数年前に閉店し建物は取り壊されていましたが、なんと以前とほぼ同じ場所に再オープンしていました。

まぁ以前の店舗を知っている方は前の方が味があって好んでいた人もいると思いますが、でも新しい店舗も建物はキレイですが小さなカウンターとか、いい意味で安っぽいテーブルとイスとか、そして奥の座敷とか以前の雰囲気が強く残っています。

ただ入口近くの冷蔵庫とそこからセルフで取り出すあの水のボトルが無くなっていて、今はきちんと水をお店の方が出してくれました(笑)。

メニューはおそらく以前と変わらず、この7つだけ(笑)。

・宮古そば(大400円/中350円/小250円)
・かつ丼(450円)
・みそ汁(400円)
・ソーキ汁(500円)
・やき飯(400円)
・焼きそば(450円)
・ライス(100円)

ちなみに言うまでもないですが「みそ汁」や「ソーキ汁」といっても普通のお椀に入ったものではなく、どんぶりに具だくさん入ったものでご飯なども付いてくる沖縄では定番の「定食」です。っていうか最も高いものでその「ソーキ汁」でかつ丼に至っては450円と激安。以前もこの価格だったと思いますので、リニューアルオープンしても値段は変わっていないと思います。もちろん消費増税になっても内税のままで変わらないようです。



私はいつも焼きめし/焼きそば/かつ丼に宮古そばの小をみそ汁代わりに頼みます。

でも宮古そばも中が350円で大が400円なら「大」を頼みますよね~。

もちろん味は変わらず以前のまま。

厨房の中もおばちゃんがせわしなく動いているのも以前のままでした。

何よりその厨房の小さなカウンターが以前のままでなんかうれしく感じましたね。

内装こそキレイになりましたが、料理も雰囲気も以前と変わらない宮古食堂。

近くの病院はもうなくなっちゃいましたが、宮古食堂は以前とほとんど変わらない場所で復活。

宮古へお越しの際は是非!

しかも移転後は駐車場もお店前にできましたので、車で行っても大丈夫です。

ただ地元の人でいつも店内は満席なのでランチ時を外して行かれるのがおすすめです。

【店名】宮古食堂
【電話】0980-72-1631
【営業時間】10時半ぐらい~17時ぐらい
【定休日】不定休
【HP】離島ドットコムの情報


日時: 2014年05月04日09:22|この記事のみを表示





ページの先頭へ▲