沖縄移住生活 - Okinawa Life Information featuring 沖縄離島ドットコム


沖縄買い物情報

沖縄買い物レポート

2018年04月11日

WindowsUpdateトラブル。どうにか解消・・・その方法の備忘録



去年の12月にWindowsUpdateかけて以降、エラーでUpdateが一切できなくなったノートPCがあるんですが、すったもんだでどうにかUpdateできるようになりました。しかしその方法は「素人にわかるのか?」ってレベルで、ヒドイものでした。

これじゃUpdateをかけようと思わなくなりますよね(私も4ヶ月放置していました)。

備忘録的に綴っておきます(沖縄にも離島にも関係ないですがw)。


「現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません。」

マイコンピューターのプロパティを開き、手動でWindowsUpdateをかけようとして、このように表示される場合は、かなりの重度な症状。解決策は簡単なのですが、こんなこと、素人じゃわかりませんよ。Microsoftから公にリリースすべきでは?そもそもこの簡単なプログラムを配布すべきでは???

メモ帳やテキストエディタで、以下のソースを入力。ファイル名は適当でいいので、テキスト形式で保存します。(start・endの行は不要)

---start---
net stop wuauserv
cd %systemroot%
ren SoftwareDistribution SoftwareDistributionold
net start wuauserv
net stop bits
net start bits
net stop cryptsvc
cd %systemroot%\system32
ren catroot2 catroot2old
net start cryptsvc

---end---

「windowsupdate.txt」と仮に保存し、保存したファイルの名称変更します。「windowsupdate.txt」だったら「windowsupdate.bat」と末尾の部分を変更。Windowsの設定次第ではこの末部が表示されないかもしれませんが、拡張子の表示の設定をして変更してみましょう(Windowsのバージョンによって方法が異なるので「拡張子の表示」で検索しましょう!)。

できた「windowsupdate.bat」ファイルを右クリックし、「管理者として実行」を選択すると、なんか黒いウィンドウが出てガチャガチャやっていますが、そのまま放置。文字表示が止まったらPCを再起動。

基本はこれで解消されるらしいです。

しかし、WindowsUpdateをかけることはできても、今度はこんなメッセージが!?


「新しい更新プログラムを検索できませんでした。」

次から次へと、そんなにUpdateかけさせたくないのかい!って言いたくなりますね。しかもこのメッセージを検索すると、中には「PCをリカバー」するというものも!そんなの簡単にできるかい!!って思って別の方法を調べると、もっと簡単な方法で解決しました。

それは「コントロールパネル」の「トラブルシューティング」を選択し、「Windows Updateで問題を解決する」という項目があるのでクリック。これだけ。あとはメッセージしたがって進ませて、再度WindowsUpdateをかけると見事に実行できた!


しかし去年の12月からの4ヶ月分のUpdateなので、いつまで経っても終わりませんでしたけどね^^ゞ


以上、WindowsUpdateのトラブルシューティングの備忘録でした。

ちなみに使用OSは「Windows7professional」ですが、他のOSでも同様の方法で対処できるらしいです。


日時: 2018年04月11日09:58|デジカメ・デジタル機器

おすすめ商品
おすすめサイト



最近の買い物



ページの先頭へ▲