沖縄移住生活 - Okinawa Life Information featuring 沖縄離島ドットコム


沖縄買い物情報

沖縄買い物レポート

2014年09月19日

アクティビティトラッカー「UP24 by JAWBONE」。1週間使ってみた。



UP24 by JAWBONE最近話題になっているアクティビティトラッカーこと「活動量計」。

先日は比較記事を綴りましたが、その結果、購入した「UP24 by JAWBONE」をとりあえず1週間使ってみました。

今回はそのレポートをお届けしたいと思います。


パッケージ同梱品まず商品。

サイズは手首の太さに合わせて「S(14-15.5cm)」「M(15.5-18cm)」「L(18-20cm)」と3つあって、もともと手首が細い私の場合、「S」でも良かったのですが、肌に密着する感じが苦手だったので、少し大きめの「M」サイズを選びました。でも「M」サイズでも男性でも十分問題ないサイズで、今回も確かに着用してもかなり動きがあるものの、密着感が少ない余裕のあるサイズだったのでちょうど良かったと思います。

ちなみに商品パッケージには透明のカバーが付いていて、そこにそのサイズの穴が空いていて、店舗などで自分の腕にそのカバー部分で合わせることができるらしいです。今回はネットで購入したのでそのメリットはありませんでしたが、まぁ箱を空けずに合わすことができるので良い仕様だと思います。他のアクティビティトラッカーは時計のベルトのようにサイズ調整ができますが、このJAWBONEはブレスレットのようにサイズ調整ができませんからね。

そのパッケージにはJAWBONE本体の他は充電用のUSBコネクタと簡易説明書が入っているだけのシンプルなもの。でもその説明書は正直「説明」になっておらず、わからないことだらけ。AndroidやiOSのアプリをダウンロードしないと使い方は全くわかりません。でもBluetooth版なのでアプリをスマホなどに入れても接続できなければ意味が無く、今回も接続設定する前に意味不明なランプの点滅に四苦八苦しました。

2つあるランプが同時に点滅。しばらく時間をおいてまた点滅。その繰り返し。JAWBONEには電源という観念が無いので、ひたすらその点滅を繰り返して困りました。

ネットで実際の利用者が書いているブログなどを見たものの、その症状は全く無くて困りましたが、結局、今回購入したものがBluetooth接続のものだったので、そのペアリングのものだったみたい。近くにAndorid端末を置いてあったので、それを感知して点滅したようで、AndroidのBluetoothを設定してみると一発で接続でき、その意味不明なランプの点滅も無くなりました。もしそれでも解消できない場合は、Android端末を再起動し、アプリからJAWBONEを検索すると接続できると思いますよ。この現象はJAWBONE側ではなくどうもAndroid側のBluetoothの不具合によるものみたいなので・・・

でもそのことを説明書にもアプリにもネットにも一切書いていなかったので、ホントに困りました。しかもネットで調べると初期不良が多いともあって、もしかして?と思いましたが、無事にAndroidと接続できて使えるようになりました。


今回のJAWBONEは有線版と無線版があって、値段がかなり変わりますが、ログを見るためにいちいち接続設定とかしなくていい無線版を選択。Bluetoothをオンにしてある端末が近くにあれば自動的にデータを端末に取り込んでくれるので無線版にして良かったです。

あと電池は1回の充電で7日間もつとのことでしたが、ちょうどJAWBONEのファームウェアがアップデートされ、なんと14日間ももつようになりました。アップデートはJAWBONEを付属のUSBコネクタでパソコンに接続し、このサイトからファームウェアアップデーターをダウンロードしてプログラムを起動するだけ。あっという間にアップデートできて無事に14日間もつようになりました。

つまりソフト側で省電力設計にしたってことなんでしょうね。実質14日間といってももう少し長く電池は持つようで、1週間利用してもバッテリーは半分以上残っていましたので、おそらく半月に1回充電すれば十分だと思います。そもそも1回あたりの充電も1時間半ぐらいでいいらしいので、そんなに負担じゃないですからね。

ってことでとりあえず1週間、ほぼ着けっぱなしで過ごしてみた次第です。

ちなみにJAWBONEは生活防水になっているので、普段の手洗いとかで濡れる分には問題ないみたいですが、着用したまま泳ぐのはNGらしいです。そもそもプールでこの手のものを着けて泳ぐのはNGなんですけどね^^;なので泳ぎに対するアクティビティの記録はとれませんが、まぁ泳ぐことは滅多に無いのでいいかな?って感じです。メインは普段の活動量と睡眠ですからね~。


着用してみて思ったのは、普段の生活には全く気にならないブレスレット型はとても良いですね。時計を同じ手首に着けても気になりませんし、何より軽いのでアクセサリ感覚で着けることができるのがいいですね。他のアクティビティトラッカーは時計並みに大きいものもありますので、そうなると時計とバッティングするので躊躇しますが、これなら着けっぱなしにしても気にならないと思います。

ただ仕事上、キーボードやマウスを使う際に腕を机に密着させることが多いので、その際にこのトラッカーが机に当たって気になることもありました。でも今回は自分の手首よりも太いものを購入したので、気になる場合は肘側に少しスライドするとか調整ができますので、これも慣れだと思います。

何より着用していても目立たないのが良いですね。外に出てもブレスレットにしか見えませんし。

ただランニング時には実際の手首より太めのものを買ったので、手を振るたびにトラッカーがずれるのが気になりましたが、ランニングの際は時計を着用するので時計と同じ手首に着ければその動きも止まったので今は気になっていません。それとブレスレット型なのですぐに取り外しができるので、ランニング中も右手首から左手首へなどすぐに位置を変えられるのも良かったと思います。


アクティビティログとりあえずこの1週間でロードでのランニング、マシンでのランニング、町中の歩き、自転車移動と4つをやってみました。ホントは登山にも使ってみたかったのですが、沖縄には大きな山が無いのでそれはまたの機会を。

精度はロードでのランニングと歩きについてはなかなかのものでしたが、マシンでのランニングは確かにその場から動いていないのでロードより少なめ。でもそれほど大きな差は無かったとは思います。問題だったのは自転車移動で、もともと万歩計のようなもので自転車移動の記録は取りにくいのはわかっていましたが、同じ距離を走ったのに行きと帰りで1割以上の記録の差がありました。まぁ私の場合は自転車に乗る機会は少ないですし、メインのアクティビティでは無いので今のところそんなに気にしていませんが、ただ行きと帰りでここまで差があるのはどうかな?って思いました。

歩きについては一番計測しやすいので記録はかなり正確かも。

あと筋トレやストレッチでも着けたままでやってみましたが、これでもカウントされちゃいますね。30分の筋トレとストレッチで「3000歩」分ほど。これが正しい数値なのか否かわかりませんが、まぁそこそこ息が上がる筋トレとストレッチだったので歩数に換算するとこんなものかな?って感じです。ちなみにキーボードを打つ際の手の動きはさすがに記録されていませんでした(笑)。

でもこの記録はきちんと設定すれば自転車とかランニングとかウォーキングとかの設定を後で変更できるらしいです。でも面倒なので全て同じ設定で今は使っています。あくまで日ごとの活動量を比較できればいいですし、メインは睡眠記録ですからね~。


睡眠ログそしてその睡眠記録。

これは良いですね~。普段見ることができない睡眠状況を可視化できて、まさにこのトラッカーならでは。浅い睡眠と深い睡眠を確認できますし、夜中に目が覚めたときもきちんとそのことが記録されていて、何時に目が覚めたかまでわかるのがおもしろかったです。ただ夜中に目が覚めてもベッドから起き上がらないと浅い睡眠扱いになりますがそれはご愛敬(笑)。

何より寝付くまでの時間がわかるし、何時間寝たかの記録を残せるのがいいですね。

結果、普段から6時間以上の睡眠を心がけているつもりだったものの、この1週間で6時間以上眠れていたのは1日だけ。他は下手すると4時間台だったり、いかに睡眠が十分とれていないかがわかりました。これはこの手のトラッカーを使わないとなかなか自覚できませんね。

ただこの睡眠時の記録は寝る前に「睡眠モード」にしないといけないので、ボタンを一度長押しする必要があり。起きた後も「通常モード」に戻すためにボタンを長押しする必要があります。なのでボタンを押さずに寝ちゃうと睡眠として扱われませんし、逆に起きても睡眠モードのままだと1日寝ていたことになります(笑)。この部分が自動化できれば最高なんですが、この簡易的なトラッカーじゃ厳しいですよね。

今のところ1週間、押し忘れはありませんが、飲んだ後などのうたた寝はさすがに記録されていません^^ゞ

<この1週間の睡眠時間>
・5時間46分
・5時間58分
・4時間56分
・4時間53分
・6時間10分
・5時間51分
・5時間10分



以上のように、シンプルなデザインが故に使い方など慣れないとわかりにくい面も多いですが、そのシンプルさ故に常時着用しても苦にならないところが評価できると思います。画面付きのトラッカーもありますが、便利な反面、サイズが大きいので常時着用するには厳しい面もありますが、今回のJAWBONEなら常時着けていてもアクセサリーと同じ感覚なのでアクティビティトラッカーとしてはおすすめだと思います。

あとはカラバリが多いといいのですが、今回は限定カラーの「ネイビーブルー」を手に入れられたので良かったです。

16000円前後とトラッカーとしてはやや割高ですが、このシンプルさと着用時の煩わしさが少ない面では費用対効果はあったと思います。

久しぶりにデジタル関連機器で良い買物をしたな~って思いましたね。


邪魔にならない装着感


アクティビティトラッカー「UP24 by JAWBONE」限定カラー



日時: 2014年09月19日19:33|デジカメ・デジタル機器

おすすめ商品
おすすめサイト


最近の買い物



ページの先頭へ▲