沖縄移住生活 - Okinawa Life Information featuring 沖縄離島ドットコム


沖縄マラソン情報

沖縄マラソン大会情報/ランニングコラム

【参加大会結果】

2011-2012シーズン最初のレースのレポート



ここ数年、毎年参加している3月の「ヨロンマラソン」以外の大会にはあまり参加していませんでしたが、今シーズンはこの1月に2つほど、フルほど長くはないものの大会に参加する予定。

そのうちの1つへ先週末の「1/15」に参加してきました。

まぁどのエリアのどんな大会かは内緒ですが、あくまでヨロンマラソンに向けてレース感を得るための参加なので、その大会のためのトレーニングは特にしないで望みました。基本、普段のトレーニングはヨロンマラソンの「フル」に向けてのものですからね。

マラソンの場合、フルとではハーフでも30kmでも全然走り方が違いますし、そのためのトレーニングも全く異なります。

フルはとにかくスタミナと精神力。ハーフや30kmは筋力とハイスピードで走り続ける持久力。

そういうわけで今回の大会も特にそのために練習は一切してこなかったので、ベストタイム更新は特に狙わずに望みました。でも短い距離なのですぐにトップスピードに入れるようにフルではあまりしない「アップ」をするつもりでしたが・・・

まっ、いろいろあったのでそれについて綴りたいと思います^^ゞ


大会当日。アップというわけじゃないですが、最近は大会当日は会場までわざわざ時間をかけて歩いていくようにしています。この「歩き」だけでも「アップ」までいきませんが「準備運動」程度にはなりますからね。今回も会場まで30分歩いて身体をほぐしました。


■会場にて

会場到着。スタート1時間半前。最初はエントリーする際に時間がかかると思ったらちょっと早すぎたようですなりエントリー。あとは着替えとアップやストレッチだけになったので、時間が余ったから近くのコンビニまで歩いて行くこととしました。飲み物とチョコやキャラメルなどの甘いものを買いに入ったのですが、そのコンビニが道路の反対側にあったのでガードレールを乗り越えようとしたところ・・・

ガードレールの支柱の先端に思いっきりニーキック(ToT)

しばらく脚がしびれてまともに歩けないほど強打してしまいました。スタートまで1時間しかないのに・・・。

まぁその内、痛みも引くかと思ったら結局スタートまでその痛みは続いてしまいました。

なんでレース当日のしかも直前に!!!

斜め横断したのに罰が当たったのかな?(T_T)<ちなみに斜め横断可の道

でも今回は本気では走らない(走れない)ので、まぁこの脚の痛みも「無理するな」という意味だと思うようにしました。しかし階段を上るのも辛いほど脚が痛いです。しかもその強打した脚はもともと足首を故障していて、ダブルで痛みを伴う状態。まぁその足首の故障は「自転車の乗りすぎ」によるものなので、歩くのは辛いですが走る際にはあまり影響はないので特に気にしていません。しかしこのガードレールに強打した方はさすがに新鮮(笑)なので、痛みはなかなか消えません・・・。

場合によっては今まで参加した中で最も悪いタイムより遅くなければいいかな?って思うようにしました。ベストタイムなんて夢のまた夢・・・。

ちなみにベストタイムを出した大会は、まさにそのためにきちんとスピードトレーニングを行って出したので、どう転がっても更新するのは無理な状況。

タイムを見ずにのんびり走ろうと決めたのでした。


■スタート地点にて

そんな感じで客席でのんびりしているとなんと!トラックに続々と選手が入ってきました。

しまったーーー!!!出遅れた!!!

焦って客席を飛び出してその列を追いました。

ホントは入場直前に100mダッシュを何本かやってアップする予定でしたが、それを全く出来ずにスタートラインへと向かう羽目に。先の脚の強打に加えてアップすらしない状態・・・。もはやタイムどころの騒ぎじゃないですね^^ゞ

しかも列の最後尾からのスタートになるかも?って思いましたが、スタート地点は目標タイム順だったのでそれはどうにか回避。最悪の最後尾からのスタートだけは免れました。

しかしその目標タイムの地点まで行くのにまた時間がかかり、結局ストレッチもまともに出来ないままスタート地点に行くことになってしまいました。

今回は・・・

・スピードトレーニング皆無
・減量無し
・スタート前に脚を強打
・ウォーミングアップ皆無
・ストレッチわずか

という感じでどう考えてもトップスピードで走れる状況じゃなくなったので、もはやこのスタート地点に行ってもモチベーションはかなり下がっていました。とりあえず先の話の通り、今まで走った中で「最悪」じゃなきゃいいや!って感じで。


■スタート!
そんなこんなでスタート時間になって一斉にスタート。もちろん先の話のように本気は出せなさそうだったのでスロースタートでした。ですが相変わらず目標タイムと実情タイムがあまりに異なる人が多くて、結構速い目標タイムのエリアにいたにも変わらずペースが遅く大混雑。

普段なら避けて先へ先へ行くところでしたが、今回は無理できないのでしばらく流れに乗ることに。

その後徐々にペースを上げていったのですが、意外にも安静時や歩行時には痛かった強打した部分や故障している部分があまり痛くない。故障している部分は多少の違和感はありましたが、スタート直前にガードレールに強打した部分は痛みはほとんど無し。まっ、こういう痛みってレース中はあまり感じず、ゴール後に一気に来ることも多いですからね。

とりあえずレースそのものには大きな影響は無さそうなのでひと安心。

徐々にペースを上げていきます。


■レース中
結局、今回は時計こそしているもののタイムを見ずに走ろうと思っていましたので、どんなペースか分からないままずっと走っていました。しかも大会サイドでも時計を設置していなかったので全くペースが分からないまま走っていくことに。とりあえずペースメーカーになる人を見つけてずっとついていきましたが、今回の大会は初めての参加だったので、ゼッケンを見ても速いのか否か、また単なる先着順のゼッケンなのかも分からなかったので、ホントにペースが分からないまま走ることに。

多少苦しかったけど、誰かについていくと単独で走るよりは楽なので、ひたすら誰かについて走っていきました。

そして向かえた区切りの距離。時計を見ると驚きのタイム!

その距離のみだけでもベストタイムじゃん!!!

まだ残り何キロもあるのに・・・。時計の故障???

これはびっくりしました。脚を故障していて、スタート直前に強打して怪我して、アップなしでのスロースタートでベストタイム?ありえねー!っと思いながらその区切りの距離を過ぎていきました。

やっぱりタイムを気にしないで走った方が楽だし速いのかな?

でも一度タイムを見るとそこからゴールタイムを計算しちゃうのが良くないのですね。やっぱり「知らぬが仏」なのでしょうが、一度見たためにその区切り以降はややペースダウンしてしまったようです^^;

結局脚の痛みはレース中は最後まででませんでしたが、アップ不足は否めなく、息はかなり上がったままで走っていくのでありました。まぁフルほどの距離はないので息が上がってもある程度ならそのまま走り続けられますからね。

それにここ最近の普段のトレーニングよりこの大会の距離は短いので、そう考えると楽なものです。もちろんペースは全く違いますけどね。

ペースメーカーになる他のランナーもほどよくいたし、何より最初から最後まで単独で走ることは一度もありませんでしたので、誰かしら一緒になって切磋琢磨して走っていったのは良かったのかもしれません。

でもさすがに後半はかなりきつかったですが、それは他のランナーも一緒。最後まで誰かについてゴールを目指すのでありました。


■ゴール
そんなこんなで結局、ペースは最後まで衰えないままゴール地点へ。

でもゴール直前はラストスパートはせずに、逆にややゆるめて会場の雰囲気を味わいました。おかげで何人かのランナーに抜かれましたが、今回は順位はどうでもよかったですからね。その区切りのタイムからするとベストタイムも更新できそうですし、最後は気持ちに余裕を持たせてゴールすることにしました。

そしてゴール。

タイムは・・・

ベストタイムを大幅更新!

あんびりーばぶる!!!

脚の故障はまぁランニングには影響があまり無かったとしても、アップ無しでストレッチもままならない状態でのレース。しかもこのレースに向けたスピードトレーニングは一切していないのに、ベストタイム?

あり得ません^^ゞ

しかもそのタイム。平均速度に換算すると、マシントレーニングでも出したことがないスピードで走りきっていました。つまり今まで経験が一切ないスピードでの完走・・・。

あんびりばぼーーー!

ぶっちゃけ、今回の平均速度は私が利用していたスポーツクラブのマシンで出せる最高速度以上だったんです。

普通は経験したことがないスピードはなかなか出ないはずなんですが、今回は何故か出てしまいました^^ゞ

やっぱり速いランナーに引っ張られたからかな~?

とかくヨロンマラソンの場合は参加ランナーが少ないので単独で走ることが多いですからね。今回は最後までペースメーカーないし目標となる速いランナーが居たのでこういう結果になったのかもしれません。

しかもゴール直後はスタート前に強打した脚が痛み出し、まともに歩けない始末。

・・・よくこれでベストタイムが出たな~って感じでした。

なにより驚きというかショックだったのが、これまでのベストタイムを記録した大会はきちんとスピードトレーニングを積み重ねた結果でしたが、今回は全くスピードトレーニングをしていないのにあっさり更新してしまったこと。しかも減量していないので、体重も+3kgぐらいでの今回のレース。

あのきつかったスピードトレーニング&減量はなんだったの?って感じです(;_;)

う~ん、普通じゃあり得ない結果だっただけに、逆に今後どうしたものか戸惑ってしまいました。

しかも翌週にまた別の大会があって、本来は今回が足馴らしで、翌週のものがベストタイムを狙いに行く予定だったので、今回更新しちゃうと次の大会へのモチベーションが・・・(ToT)

ベストタイムを更新できたのは良かったかもしれませんが、いろいろな意味で迷いが生じてしまいました。まぁ3月のヨロンマラソンはフルなので根本的に違いますし慣れているので影響はないですが、今後、フル以外の大会での調整に悩んでしまいます(;o;)


まずはガードレール強打の怪我と、自転車乗りすぎによる脚の故障を治さないとね。

ちなみに次の大会までも1週間しかないこともあって特別なトレーニングや休養をする予定はありません。普段通りに生活をして、その次のレースが終わればいよいよヨロンマラソンに向けて本格的なトレーニングと調整に入ります。

月間500kmの走り込みと3~4kgの減量(ToT)

ヨロンマラソンゴール後に美味しいお酒と食事をするためにq^o^p

とりあえず次週の大会。目標が無くなっちゃったけど、がんばってきます^o^/

しかしもう更新することはないと思っていたベストタイムをあっさり更新してしまうとは・・・。嬉しいよりも戸惑う今シーズン初レースの結果だったのでした。

言えるのは「気負わないこと」かな?^^ゞ

今回のベストタイムも全く気負いが無かった結果だったのかもしれません。

目標を持たないこと、そしてレース中にタイムは見ない方がいい結果になりますね^^v

参加大会結果

おすすめ商品
おすすめサイト

大会/コラム





ページの先頭へ▲