沖縄移住生活 - Okinawa Life Information featuring 沖縄離島ドットコム


沖縄ライフブログ

旅行ブログ - 離島や本土も含めた旅行記

【2017年08月:八重山エリアへの旅行】

【石垣島2017】石垣島の青の洞窟は色よりも穴が面白い!でも水面もすごかった!!



最近、石垣島でも「青の洞窟」ツアー的なものが出てきましたよね。米原ビーチ近くで。でもこの青の洞窟。自力でも十分行けますし、何より青の洞窟以上に楽しめる事もあるんです。旅コラムでも紹介!!

旅コラムでは使える写真が制限されてしまいますので、ここでは没になった写真も含めて「画像」で紹介!!でも旅コラムもよろしくね^^ゞ



入口はここ!米原ヤシ林の海側。米原(桴海)のユサンディやブルーイングリーン(旧ティンガーラ)のある崖の真下。

入口はここ!米原ヤシ林の海側。米原(桴海)のユサンディやブルーイングリーン(旧ティンガーラ)のある崖の真下。



通常の青の洞窟と違って入口が大きいのですぐにわかります。ちなみに洞窟内の奥に行くには、向かって左が深場なので泳がないと進めませんが、向かって右側なら浅瀬なので歩いて行けます。

通常の青の洞窟と違って入口が大きいのですぐにわかります。ちなみに洞窟内の奥に行くには、向かって左が深場なので泳がないと進めませんが、向かって右側なら浅瀬なので歩いて行けます。



石垣島の青の洞窟は、通常のもののように洞窟内からではなく入口から見ると青いので、別に中に入らなくても楽しめます。

石垣島の青の洞窟は、通常のもののように洞窟内からではなく入口から見ると青いので、別に中に入らなくても楽しめます。



洞窟内は結構広く、なんと天窓的な穴まであります。それ以外にもトンネルがいろいろあって違う岩場から外に出ることも可能!

洞窟内は結構広く、なんと天窓的な穴まであります。それ以外にもトンネルがいろいろあって違う岩場から外に出ることも可能!



洞窟内には鍾乳石も!実は石垣島の青の洞窟は鍾乳洞だったんです。

洞窟内には鍾乳石も!実は石垣島の青の洞窟は鍾乳洞だったんです。



鍾乳洞の中には鍾乳石が積み重なった珍しいトンネルも!いろいろ面白いのでライトがあった方が楽しめるかも?

鍾乳洞の中には鍾乳石が積み重なった珍しいトンネルも!いろいろ面白いのでライトがあった方が楽しめるかも?



洞窟内から入口を見ても通常の青の洞窟のように水面が青く見えませんが、その代わりにその水面が鏡のようになるかも?

洞窟内から入口を見ても通常の青の洞窟のように水面が青く見えませんが、その代わりにその水面が鏡のようになるかも?



石垣島の青の洞窟は、実を言うと「ウユニ塩湖」のような鏡の水面を楽しめる場所だったんです。

石垣島の青の洞窟は、実を言うと「ウユニ塩湖」のような鏡の水面を楽しめる場所だったんです。



ウユニのような水面ですがもちろん海なので、水の中には熱帯魚も!本家でもこんな光景は楽しめません!

ウユニのような水面ですがもちろん海なので、水の中には熱帯魚も!本家でもこんな光景は楽しめません!




といった具合で、石垣島の青の洞窟はいかがだったでしょう?しかもここは自力で行くことも可能ですが、先のユサンディや旧ティンガーラからは、民有地を通ったり、駐車スペースがなかったりして、ツアー以外では簡単に行けそうにありません。

でも裏技。米原ビーチの東端から岩場づたいで500mほど歩けば行けるんです。しかも歩いて行くには潮が引いているタイミングが必須ですが、そのタイミングで行くと、先の「ウユニ」のような鏡の水面を楽しめるおまけ付き。

正直、青の洞窟自体は想像よりも感動できませんが、このウユニ的景色はかなり感動もの。しかも鏡のような水面の中に、真っ青なルリスズメダイが見えたときは、自分としてはかなり盛り上がりました。

もちろんこの鏡のような水面は「無風」状態が必須ですが、この石垣島の青の洞窟は、北向きなので夏場の南風はほとんど入ってきません。しかもその南に桴海於茂登岳がそびえ立っているので、さらに風が来ない。さらにユサンディや旧ティンガーラがある崖もあるので、北風になる冬シーズンじゃない限り、このウユニ的水面は望める可能性も高いかも?

詳細は旅コラムに書きましたので、興味がある方はお読み下さいませ^^ゞ

旅コラム「青のウユニ洞窟」はこちら
奇跡の絶景!「ウユニ塩湖」と「青の洞窟」を石垣島で同時に楽しもう!!


八重山エリア

おすすめホテル
おすすめサイト

旅行エリア



最近の旅行



ページの先頭へ▲